sp_tel.png

一般歯科

患者さまの気持ちになって、一人ひとりに合った治療を行っています。

当院では、「患者さまの目線に立った」診療方針にのっとった治療を心がけています。
来院される患者さまの症状はさまざまですが、治療にあたっては「できるだけ痛くない」「できるだけ健康な歯を残す」ことを心がけ、患者さま一人ひとりに合った、最も適切な治療を行います。
一緒に治療に取り組んでいくなかで、必要な場合には患者さまの負担にならない治療法も導入していきます。

レーザー治療

患者さまにやさしい最新の治療方法(先進医療技術)で、今までの治療方法に比べ、痛みや不快感が少ない治療が可能です。
当院では、厚生労働省が認可した歯を削ることのできる唯一のレーザーで、最新のエルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)を使用しています。Er:YAGレーザーは、虫歯や口内炎、知覚過敏症などに効果があり、治療中の痛みが少なく、不快感も大幅に低減しています。たとえば虫歯治療においては、虫歯になった部分のみを蒸発させて治療しますので最大限「自分の歯」を残すことができるのです。

レーザー治療の特徴

痛みが少ない

レーザー治療は、痛みがほとんどないため麻酔の必要性が少ないことが特徴です。患部組織の表面だけに作用するので発熱もほとんどありません。今まで注射麻酔をしていた治療にも、注射麻酔をする必要性が少なく、無麻酔、または塗るタイプの麻酔(表面麻酔)で治療が可能になります。

殺菌効果が高い

レーザーの熱作用は殺菌効果が高く、虫歯や歯周病の原因となる細菌をレーザー熱で殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯の根の治療に高い効果があります。

音や振動の不快感がない

レーザー熱で歯を削るため、今までドリルで削っていた「キイーン」「ガリガリ」といった独特の音や振動がありません。この音を苦手としていた方にも、不快感なく治療を受けていただくことができます。またレーザー治療では、虫歯に冒されているところだけをピンポイントで取り除くことができるため、健全な部分にダメージをあたえることがありません。

より安全な治療が可能

妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療法です。
さらにEr:YAGレーザーは生体組織の表面の水分に反応するため、他レーザーのような透過光による組織深部への影響が少なく、安全性の高いレーザーです。

レーザーで治療が出来るさまざまな症例

虫歯の予防や治療

初期の虫歯であればレーザー光を虫歯部分に照射して除菌し、フッ素を塗布して自然治癒をめざします。
また、レーザー光は歯質を強くする働きを持っているので、今後の虫歯予防効果も期待できます。

歯周病の治療

レーザー光の瞬間的な熱作用により、歯周病菌の温床である歯周ポケット内を殺菌・消毒し、歯周病の治癒を促します。また、歯石除去もレーザーで行うことができます。

口内炎の治療

口内炎ができている患部にレーザー光をまんべんなく照射し、口腔内粘膜の改善を促します。
患部にモノが触れて痛いという接触痛は、レーザー照射後すぐになくなります。

知覚過敏症の治療

知覚過敏が生じている歯にレーザー光を照射することで、知覚過敏症の症状を和らげることができます。

無痛治療

もう、歯科治療は「痛い」ものではありません。

治療中の痛みは誰だって避けたいものです。当院では、患者さまの治療にあたってできるだけ痛くない方法として無痛治療も行っています。「痛い」「辛い」といった歯医者への不安もなく、ラクな気持ちで治療を受けていただくことができます。治療中はもちろん、麻酔の痛みもなくしていく方法を実施しています。
※無痛治療を行うためには、十分な治療時間をお取りすることになります。
治療前に治療時間などをご説明しますので、ご不安なことがあれば、何でもお聞きください。

表面麻酔

注射麻酔をする際には、注射を打つ部分に表面麻酔薬を塗ってから麻酔の針を挿入します。
表面麻酔の効果で、針を刺す際のチクッという痛みを防ぐことができます。

麻酔薬を適温に温める

麻酔薬を体内に入れるときの刺激をできるだけ軽減するため、事前に麻酔薬を体温程度に温めています。それによって、体内に麻酔薬が入った刺激を感じることが軽減されます。

細い針を使用する

注射を打つ際の痛みを少なくするため、当院では31G(ゲージ)という細いサイズの注射針を使用しています。

電動麻酔注射器

麻酔薬は一定の速度でゆっくりと体内に入れることが必要なため、当院では電動麻酔注射器を使用し、より正確な麻酔を実施しています。

072-844-4017