小児歯科・予防歯科

sp_tel.png

小児歯科

お子さまの不安を取り除き、歯科医院に慣れることから始めましょう。

お子さまの歯科治療では、まずお子さまに「慣れていただく」ことから始まります。歯科医院に来て、いきなり知らない大人が口の中をさわるということは、お子さまにとっては心理的にとても不安なものです。そのため、緊急を要しない場合は、初日は治療を行わないこともあります。初めて来た日は歯みがきだけして、歯科医院に慣れていただく。決して無理強いはせず、少しずつ慣れながら治療を進めていこうと考えます。

もちろん、痛みがある場合は緊急ですので、痛みは取り除いかねばいけません。その際も、無理な治療はせず、時間をかけながら治療を行います。お子さまの治療に関しては、まず「お子さまが歯科医院を怖がらない」ことが第一です。じっくりと信頼関係を築きながら、治療を進めていきます。

保護者の方々からよく聞かれるのが「うちの子の歯並びはどうでしょうか?」という質問です。その際は、お子さまが「指すい」「舌で遊ぶ」「口呼吸」など異常な口腔習癖がないかどうかを、お聞きしています。これらの癖は、歯並びに悪影響を及ぼしますので、注意が必要です。また、普段の食生活のあり方も大切な要素です。ダラダラ時間を決めずに食べていたり、おやつやジュースの週間、食後の行動などもうかがっています。虫歯だけでなく、お子さまのお口周りの癖や歯並び、食生活に不安をお持ちであれば、ぜひご相談ください。

当院では、お口の中をひとつの器官として考えています。虫歯治療の際も、その歯1本ではなく、お口全体を健康にして、お子さまの正しい発育をサポートしていくことを心がけています。

予防歯科

「予防」は最良の「治療」。適切な予防が、健康な口内環境をつくります。

歯科医院は「痛くなったら行く」所ではありません。まず「悪くならないように」予防をしていれば、虫歯や歯周病になることはなく、歯を削ることもしなくていいのです。みなさまが「一生、自分の歯で食べることができる」ために、私たちもできるだけ削ったりしたくはありません。「予防」は最良の「治療」です。

大人の予防歯科

毎日の歯みがきはもちろんですが、定期的な歯科医院でのメンテナンスが重要です。
2~3カ月ごとにお口の中を診査し、虫歯や歯周病のチェックを行います。
その後、歯みがきでは取り切れない細菌の付いた歯垢(プラーク)を除去します。
定期的に歯科医院に来ていただくことで、歯のメンテナンスに関する意識を高めていただき、正しい歯みがき指導なども行うことができます。

子どもの予防歯科

歯みがき指導を行うことで毎日の歯みがきの大切さを理解してもらいます。
その後、歯面にフッ素を塗布して無視歯の予防に役立てます。フッ素塗布は、「ぶくぶく、ペッ」ができる程度の年齢になってから行います。
また、場合によっては奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込み、その部分の虫歯予防をする「シーラント」を行うこともあります。

072-844-4017