スタッフブログ

sp_tel.png

2018.10.18更新

睡眠時無呼吸症候群というと歯科とはあまり関係が無いように感じる方も多いかもしれません。

しかし実は関係の深い分野なのです。

一般的に良く知られている睡眠時無呼吸症候群の治療は、

CPAPといわれる持続的に陽圧をかけて気道の閉塞を解除する機械によるものが知られています。

しかしこの治療は中等度以上の症状の患者さんに対するもので、

軽症の患者さんはマウスピースで治療します。

舌根を上げて気道を確保するために下顎を拳上した状態でマウスピースで固定します。

歯科では睡眠時無呼吸症候群の診断はできませんので、内科医院からの依頼で作ることになります。

当院では上下の薄いマウスピースを作り、それをコネクターで繋いで下顎を拳上します。

上下をがっちり固定するタイプより多少フレキシブルな方が睡眠時のストレスが少ないと言われているからです。

 

実は下顎を拳上し舌根を上げることからいびきの予防にもなりますが、

睡眠時無呼吸症候群の診断が無ければ保険適用外になるのでそこは注意が必要です。

いびきでお困りの方はまずドクターにご相談ください。

投稿者: 岸本歯科医院

072-844-4017