スタッフブログ

sp_tel.png

2016.05.30更新

22日の日曜日に新たに加わった3人のスタッフの歓迎会を開きました。

場所は今回初めて屋外でのBBQです。

1歳2か月の子供を連れて行かないといけないので、

お店の中でやるよりは外の方が何かと便利なので。

場所は万博記念公園内のBBQ広場です。

午前の部の予約で当日は10時に着いたのですが、日本庭園前には停められませんでした。

どうやらスポーツイベントと重なってしまっていたようです。

ガンバ大阪観戦で慣れ親しんだ東駐車場に停めて重い荷物を運んでいく羽目になりました。

BBQ広場は屋根付きで晴天でも日焼けが気になりませんでした。

炭に火を起こした状態まで準備してくれるので初心者でも安心なところもいいですね。

 

準備をしながら新人スタッフとも色々と話が出来ました。

こういう歓迎会もいいものです。

BBQだと自分たちでいろいろとやらないといけないので

チームワークが必要になってきます。

BBQを通して狙い通り連携力の向上・・・になったでしょうか?

投稿者: 岸本歯科医院

2016.05.16更新

木曜日は新大阪に歯周外科の見学に、日曜日はNiTiファイルの勉強会に行ってきました。

今回の歯周外科はFGG(遊離歯肉弁移植術)です。

普通の歯周外科(MWFやAPF)が出来るようになればその次のラーニングステージにあたる手技で、

特殊というわけではありませんし、当院でも頻繁におこなうものです。

それでもこういうごく当たり前の処置から学ぶことの方がどちらかというと大切なことが多いと思います。

切開、剥離、縫合、掻把といった基本的な手技の小さな差の積み重ねが

結果として仕上がりに非常に影響するからで、成功して終わりというわけにはいきません。

基本を外れなければ誰がやっても成功するものほど、

そこに見られる違いや差には膨大な努力や知識や経験が注ぎ込まれていると思っています。

 

日曜日は同じ新大阪でも駅をはさんで反対の東口にあるビルでNiTiファイルのハンズオンセミナー。

従来のNiTiファイルはファイルの種類が多く手間が煩雑でした。

それを一本のファイルで根管形成をおこなおうというシステムです。

ハンズオンセミナーなので実際に抜去歯も使って実習をおこないます。

なるほど、簡便でスピーディというだけあって、何本か抜去歯を使って練習するだけで、

確実に根管形成が出来ます。

まあこのあたりはNiTiファイルが初めてというわけでもないし、

他のシステムのものをすでに使っているので敷居が高いわけではありません。

いままでのシステムより手順が大幅に減った分、診療時間や患者さんの疲労も大幅に圧縮できます。

やり方だけであれば業者が来て教えてくれるだけでもできなくはないのですが、

こういう講習の利点はその道の先駆者が細かいコツやいろいろ症例を交えて教えてくれることです。

NiTiファイルの講習だけでなく難症例への対処なども講習があり、

講習後に色々と質問をしてぶっちゃけていえばNiTiファイルの使い方以上に興味深い知見を得ることが出来ました。

講習終了後も長い時間症例供覧を交えてご教授いただきました佐藤先生、まことに有難うございました。

投稿者: 岸本歯科医院

2016.05.08更新

一昨日、歯を磨いていて気が付いたのですが、右下の親知らず相当部の歯肉にブラシが当たると痛みがあります。

5、6年ぶりに親知らずが腫れてきたようです。

今までにも5、6回炎症を起こしているので、本来なら抜歯を検討すべき親知らずなんです。

もし患者さんが同じ状況であれば迷わず抜歯をお奨めするところですね。

 

しかし、学生時代に実習で撮ったX線画像をみた、口腔外科入局後に指導もしていただいた先輩に、

「これはリスク高いから、やるなら全麻かな」と言われたほどの難症例。

先日違う件で撮った自分の画像をみて僕も同意見でした。

相当深い位置にあり、下顎の骨の中を通っている神経と接していて、

術後の知覚鈍麻が出現するリスクが高いです。

炎症が出ていなければ経過観察を勧める歯なんですが・・・。

 

まさか自分で抜くわけにはいかないし、市民病院か大学の口腔外科に行くしかありません。

そうなると平日しか診療をしていないので診療を休まざるを得ない・・・。

万一、全麻でとなると入院が必要になり、

セデーション(鎮静)でやるとしてもその日は診療できないでしょう。

色々考えているうちに、どうやら今回は消炎して事なきを得ました。

 

ただ親知らずの炎症で入院した患者さんを何人も受け持ち、

その怖さも充分に目にしているので、いつかは抜かないといけないですね。

知覚鈍麻も怖いし仕事休みたくないし入院なんか絶対したくない・・・。

「お前、どの面下げて今まで抜歯を勧めてきたんだよ」と言われそうですが、

いざ自分が同じ立場になると尻込みしてしまいます。

投稿者: 岸本歯科医院

072-844-4017